1 名前:Egg ★:2019/04/21(日) 07:37:27.04 ID:go9TGE+R9.net
 土曜日に行なわれたJ1リーグ第8節、浦和レッズ対ヴィッセル神戸の一戦は、前者が興梠慎三のPKによるゴールを守り切って1-0の勝利を挙げた。浦和が連勝で順位を6位に上げた一方で、3連敗の神戸は11位に低迷。暗いトンネルから抜け出せずにいる。

 この試合で、神戸の元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキがボールボーイに対し、両手を広げて苦言を呈するシーンがあった。59分だ。1点を追う神戸が攻勢を仕掛ける時間帯で、浦和の敵陣でボールがタッチラインを割る。スローインで再開を急ぎたいポドルスキは手元にすぐボールが欲しかったが、ボールボーイはゴロでボールを転がした。

 ドイツ・メディア『Sport1』やオーストリア・メディア『Heute』などによると、この際にポドルスキがボールボーイにドイツ語で暴言を吐いたという。いまや欧州でもJ1リーグはDAZNを通じて放映されており、ピッチマイクがその声を拾っていたのだ。

 マイルドな表現をすれば、「ちゃんと渡すんだ、この野郎!」。実際にはスラングを使っており、もっと強い響きだったようだ。『Heute』は「プリンス・ポルディが大声で少年を叱責した。彼がしっかりとボールを渡さなかったのが理由だ」」と説明し、「この日はポドルスキの日ではなかった。ヴィッセルは試合に敗れ、彼自身も71分に交代を命じられている」と伝えた。

 突然の政権交代となり、みずからキャプテンマークを返上したポドルスキ。リードを許している状況下で、フラストレーションが溜まっていたのかもしれないが……。

4/21(日) 5:32 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190421-00010000-sdigestw-socc

写真
https://kruf468c.user.webaccel.jp/files/rcms_conv_webp/files/topics/57502_ext_04_0_1555789515.webp?v=1555792570

【サッカー】<神戸ポドルスキ>主将辞任の理由告白!「自分に対する信頼が見えなかった」
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1555761578/

【サッカー】<神戸ポドルスキ>意味深!「他人に誠実に接することのできないような人間が、他人からの忠誠を期待するな」★2
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1555631121/

【サッカー】<ポドルスキ>監督交代発表日に決断「キャプテンの座から降りる」<イニエスタ>「アリガトウ。幸運を」
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1555497955/


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1555799847


【この記事の続きを読む】