1
AFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループリーグF組最終節のメルボルン・ビクトリー対サンフレッチェ広島戦が22日に開催される。ビクトリーの本田圭佑はこの試合に先発で出場することが発表された。

ビクトリーは昨夏から在籍していた本田が今季限りで退団することを21日に正式発表。ラストマッチとして、チームの今季最終戦となる広島戦に出場機会があるのかどうかが注目される状況となった。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190522-00322589-footballc-socc

本田圭佑、ACL最終節広島戦で先発起用



今季ACLでスタートから3連敗を喫し、決勝トーナメント進出が絶望的となった時点で、ビクトリーは本田を含む主力選手を温存。第4節、第5節の試合では本田はベンチにも入らなかった。広島戦は敗退決定後の消化試合ということもあり、本田が起用されるかどうかは必ずしも定かではなかったが、ホームサポーターの前で最後にプレーする機会を得られることになった。

ビクトリーにとっては、本田の最終戦ということ以外にも大きな意味を持つ試合となる。現役時代も含めて14年間在籍したケビン・マスカット監督も今季限りでの退任を発表。キャプテンを務めていた34歳のMFカール・バレリもこの試合を最後に現役を引退する。敗退決定済みのビクトリーと首位通過決定済みの広島による消化試合ではあるが、現地ファンにとっては特別な試合となりそうだ。

試合はこの後、19時開始予定。